トップページ リフォーム事例 カフェでくつろぐような落ち着いた時間を過ごす

リフォーム事例

2017.11.7

カフェでくつろぐような落ち着いた時間を過ごす

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

間接照明とダウンライトの灯で浮かび上がる珪藻土風の壁紙が落ち着きのあるプライベート空間を演出。

 

相模原市  H様邸  【工事費】 約  510 万円(LDK部分)

和室と洋室の間仕切り壁を取り除き、一空間のLDKを作りました。

柱を取り、梁で補強することをきっかけに、その他にも化粧の梁材を設け空間のアクセントにしました。

ウォルナットの無垢フローリングとバランスが良いように化粧梁を着色塗装。

木目も活かしました。

ミニキッチンの正面には廊下への採光と換気ができるように回転扉を設けました。

キッチン正面はお気に入りのタイルで味わいのある雰囲気をつくっています。

キッチン部材にもこだわって、木目が活きる扉デザインのものを選定しました。

造作の化粧格子によって仕切りの要素もたせながら、部屋の中心に目線が止まりやすく

際立つような配置にしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

照明計画にもこだわり、ダウンライトですっきり見せるところと

ペンダントライトで印象的に見せるところでリズムをつけています。

梁と照明の配置のバランスも考慮して照明計画を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

窓廻りはカーテンではなくツインスタイルのプリーツスクリーンを採用しました。

日が入る日中と夜とでは印象が全く異なります。

ご主人の趣味であるミニカーのコレクションを部屋の中心に飾ることができるように

造作家具を設けました。

重厚感のあるウォルナット突板の家具はコレクションがいつでも見られるように

ガラス扉で製作しています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


1帖程のスペースにワークスペースを設け、

プライベート感のあるコーナーを設けました。

アクセントクロスに輸入の壁紙を採用し、お気に入りの空間へ。

 

趣味のミニカー製作や読書、ちょっとした一人時間を楽しめるようにしています。

床はアンティーク感のあるフローリング調模様の

大判のタイルを採用し、特別な空間にしています。